HOME > サービス紹介 > データバックアップ・データ共有

データバックアップ
データ共有

オンラインストレージサーバーアウトソーシングサービス 「e-倉庫」

「e-倉庫」は、北九州e-PORTセンターに設置したファイルサーバーをネットワーク上で利用できるオンラインストレージサーバーアウトソーシングサービスです。
VPN(仮想専用線)によるセキュリティ環境で、データの保管・共有・遠隔操作ができ、運用コスト削減など、お客様のお悩みや課題をダイナミックに支援いたします。
  e-倉庫

「e-倉庫」の特徴

信頼性のある北九州e-PORTセンターで運用
耐震構造・防火対策・電源対策・セキュリティ対策など、信頼性のある北九州e-PORTセンターにて運用するため、安心してご利用いただけます。
ドラッグ&ドロップによる簡単操作
いつもどおりのWindowsエクスプローラ操作で簡単にバックアップできます。また、自動バックアップも選択できます。必要があれば、対象ファ イルや除外ファイルの指定、バックアップの条件(新しいファイル、新しい時刻、異なるサイズ、すべて上書きコピーなど)も指定することができます。
VPNでセキュアなオンラインストレージ
VPN(仮想専用線)上で利用できるので、社内ファイルサーバーと同等のセキュリティ環境でデータを保管できます。

データの共有も可能、業務効率が飛躍的にアップ

本社と営業所、各支店間で共有
会社と自宅で共有
お客様とデータ共有
など、お客様の業務に合わせた形で共有できます。
ファイルサーバーの共有
ファイルサーバーを共有利用することで、データの効率的な運用が可能になります。
  データの共有も可能、業務効率が飛躍的にアップ
Windowsエクスプローラによる簡単操作
エクスプローラドライブ指定機能で、あたかも自分のパソコンを使っているようなストレスのないファイルサーバー利用が可能です。

「e-倉庫」を経由して遠隔操作も可能

特定のPCを離れた場所にあるPCから遠隔操作して、会社で終わらなかった作業を自宅で行ったり、出張先や現場から会社のPCにあるデータを編集したり、世界中どこでも、あなたのオフィスになります。
認証されたパソコンで離れた場所のパソコンも自在に操作
手元のPCから遠隔地にあるPCを操作できます。遠隔地のPCからプリンタに印刷したり、インストールしてあるアプリケーションを利用することもできます。
  「e-倉庫」を経由して遠隔操作も可能
「e-倉庫」の高いセキュリティはそのまま
VPNで接続された「e-倉庫」を経由するので、高いセキュリティはそのままで遠隔操作できます。

「e-倉庫」が大切なデータをバックアップ

PCや外付けのハードディスクの故障やウィルス感染、大雨で事務所が水浸しになりPCもびしょぬれ、現場事務所に強盗が入り、PCも盗まれたな ど、事故や天災、盗難などでデータを失ってしまう危険があります。そんなとき、データの復旧には多大なコストと時間がかかりますし、完全に復旧できるとも 限りません。
e-倉庫では、このような時に備えて、他者から侵入不可能な、安全な場所でのデータのバックアップが行えます。故障や天災が起きても、データはe-倉庫からもってくるだけです。
  「e-倉庫」が大切なデータをバックアップ

e-倉庫バックアップアラームとは…

バックアップがちゃんと取れているかどうか確認をして、結果をメールでお知らせしてくれるアプリケーションです。
ハードディスクなどに自動でバックアップをとっていても、停電で電源が切れていたり、ハードディスクが故障していたり、何かの不具合によりとれていないことを避けるためのサービスです。
「e-倉庫」を使用しなくても、今お使いのサーバやHDDへのバックアップにお使いいただけます。
  e-倉庫バックアップアラームとは…

「e-倉庫バックアップアラーム」の特徴

バックアップが行われたかメールでお知らせ
Microsoftのrobocopyを用いて指定されたデータのバックアップを行い、バックアップするデータや保存場所の指定、バックアップを行う時間を設定し、バックアップがきちんと取れたかどうか、指定されたメールアドレスへお知らせします。
エラーもメールで報告
バックアップがとれず、「エラーがみつかりました」というメールが届いた場合でも、エラーの内容まで教えてくれるので安心です。
実績一覧へ   技術者一覧へ   事例一覧へへ